<まとめ>フラット靴とボトムスの相性を考える

“フラット靴とボトムスの相性を考える”のまとめです。

<まとめ>フラット靴とボトムスの相性を考える

フレアスカートと相性◎<アンクルストラップパンプス>

フレアスカートは、“アンクルストラップパンプス”と相性◎。アンクルストラップがフレアの甘さを程良く引き締めて、きれいめ&大人っぽい印象になります。あえて、“おじ靴”と合わせて、甘辛MIXにするのも〇。

相性がいまいちなのは、“サンダル”と“バレエシューズ”。サンダルはフレアの女性らしさが活かされず、バレエシューズは可愛いけれど子供っぽい印象になりがち。

プリーツスカートと相性◎<おじ靴>

フェミニンなプリーツスカートは、あえてマニッシュな“おじ靴”と合わせて、甘辛MIXコーデにすると素敵です。プリーツの“軽やかさ”とおじ靴の“重さ”、異なる印象の組み合わせでこなれた雰囲気に。

プリーツスカートをフェミニンに着こなしたいときは、アンクルストラップシューズがおすすめ。足首に引き締め効果があり、大人っぽくきまります。サンダルはプリーツの女性らしさが活かされないので、相性はいまひとつ。

タイトスカートと相性◎<ベルトサンダル>

タイトスカートは、“ベルトサンダル”と相性◎。ベルトの引き締め効果と程良い“抜け感”で、足をきれいに見せてくれます。

大人可愛いバレエシューズは、垢抜けない印象になってしまうかも…。バックストラップパンプスも、古い着こなしになりがちで、相性はいまひとつ。

※ ベルトサンダルを持っていないので、コーデ画像は作りませんでした。

ストラップウエッジサンダル レディース ブラック ベージュ レッド ゴールド シルバー イエロー ラベンダー 22.5 23.0 23.5 24.0 24.5 25.0 25.5

テーパードパンツと相性◎<バレエシューズ>

しゅっとした印象のテーパードパンツは、“バレエシューズ”を合わせて大人可愛さをプラス。品良く、フレンチっぽい着こなしになります。

かっこよく着こなしたいときは、おじ靴がおすすめ。アンクルストラップシューズは、足首のストラップとパンツの裾がかぶってしまうので、相性はいまひとつ。

チノパンと相性◎<バックストラップパンプス>

チノパンは、“バックストラップパンプス”を合わせて女っぽさをプラス、レディな雰囲気にすると好印象。バレエシューズも上品にまとまります。

おじ靴を合わせると、“抜け感”がなくて下半身が重くみえてしまうかも…。ベルトサンダルはカジュアルな印象が強くなり、相性はいまひとつ。

※ チノパンを持っていないので、コーデ画像は作りませんでした。

チノストレートパンツ/ゆったりとしたシルエットでありながら脚がキレイに見えるパンツ/ボトムス/レディース/パンツ/チノパン/無地/ストレート【メール便可/100】

ワイドパンツと相性◎<サンダル>

ワイドパンツは、足元に“抜け感”を作れてすっきり見える、“サンダル”がベストバランス。合わせる靴は、華奢すぎてもゴツすぎても、アンバランスになってしまいます。

きちんと見せたいときは、アンクルストラップシューズやバックストラップパンプスがおすすめ。おじ靴は、抜け感がなく下半身が重くみえがちなので、相性はいまひとつ。

今回で、“フラット靴とボトムスの相性を考える”は終わりです。

参考にしたのは、雑誌「MORE」7月号の特集「ラクだけど、手抜きに見えないコーデの極意」。誌面ではより詳しく、さまざまなコーデが掲載されていておすすめです。

↓コーデ画像を並べてみました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♡

↓しまむらブログランキングに参加中です↓
にほんブログ村 ファッションブログ しまむらファッションへ
にほんブログ村

↓よろしければ以下のアプリで読者登録をお願いします↓

0

Advertisement